カートを見る


¥500 購入する

発行日: 2003/09/15
対応端末: パソコン
ファイル形式: TTZ(T-Time)
サイズ: 821K
書籍を購入

ジャンル: 紀行 > 紀行(海外)

迷子になったら三越に行けばいい

河島司

書籍の内容
じいさまと孫の爆笑ヨーロッパ旅行。二人の行く先は笑顔でいっぱい!・・・・・トラブルがあった方が旅は面白い!次々と襲いかかるアクシデントをものともせず、意気揚々と海外を闊歩するじいさま&孫。笑い転げたあと、旅行に行きたいなぁと思ってくれれば私の作戦は大成功である。
著者プロフィール
1977年10月28日、北海道函館市生まれ。廃校になった谷地頭小学校の最後の卒業生。潮見中学校では生徒会長を務める。中部高校時代は、受験勉強そっちのけで市立図書館に通い詰めて、読書三昧。室蘭工業大学在籍中、テーブルトークRPGにどっぷりはまり、そこで文章を書く機会に恵まれ、知らず知らずのうちに腕を磨く。その集大成として、大学4年から修士2年までじいさまと4回海外旅行に行き、その都度旅行記を執筆。HPに掲載すると、たちまち全国にじいさまファンの読者が急増するなど大好評。それに気をよくして就職のため上京した際に、原稿を持ち込んだところ、とんとん拍子に出版が決定。現在、会社員生活を送りつつ、本作品の続編となる第二弾『じいさまスペイン旅日記』、第三弾『じいさまアルプス山登り』の出版を企み中。

ページトップへ