カートを見る


¥500 購入する

発行日: 2004/01/15
対応端末: パソコン
ファイル形式: TTZ(T-Time)
サイズ: 188K
書籍を購入

ジャンル: 小説 > 歴史

ほくろ

嵐に立ち向かった男

小山矩子

書籍の内容
やがて「ほくろ先生」と慕われるようになる男の人生を描いた感動の物語・・・・・明治維新の頃、右の鼻脇に小豆大の黒いほくろのある平太は、行く先々で悪さを重ねていた・・・・・・。そんな平太を助けてくれた近藤勇の死に直面し、命の尊さを知った平太は、医学を志すようになる。
著者プロフィール
1930年大分県杵築市八坂に生まれる。大分大学大分師範学校卒業。東京都公立小学校教諭・同校長として40年間教職を勤める。その間、全国女性校長会副会長として女性の地位向上に努める。退職後、東京都足立区立郷土博物館に勤務。足立区の東淵江・綾瀬・花畑・淵江・移興を調査し「風土記」を執筆する。この作業を通じて歴史的な事物に興味を持つ。主な著書に「足尾銅山-小滝の里の物語」「サリーが家にやってきた~愛犬に振り回されて年忘れ」「ぼくらふるさと探検隊」(文芸社刊)がある。東京都在住。

ページトップへ