カートを見る
(40件)
<前へ1234

歴史・戦記 > 戦記

死の峠

価格:500円
著者名:國府田光子

無条件降伏は、満州国の日本人にいかなる衝撃を与えたのか。恐怖、屈辱、悔しさ、多方面から襲いかかる命の危険。離散や死別による無気力、収容所内での孤立と精神攻撃。武器を持たず財産を剥がれた民間人であっても、生命と心を守るためとあれば、闘う姿勢を貫かなくてはならない。命永らえ、帰国という勝利を勝ち得た後で、骨身に刻まれた苦闘と鎮魂の思いを綴った生々しい記録。

幻の松花部隊

価格:500円
著者名:高橋健男

日本の敗戦間際に結成された満州国・桂木斯(ジャムス)の松花(しょうか)部隊。その結成から解散に至るまでの経緯を辿った貴重な戦記。中国のゆかりの地を実地踏査、数多の文献資料の検証、聞き取り調査を行い、これまでその実在が殆ど知られてこなかった松花部隊の実像に迫る。部隊の中心に置かれた義勇開拓団員ら青年達、その意味では本書は「若き義勇隊員たちの満州」の物語でもある。

祖父の時代

価格:500円
著者名:相原憲二

圧倒的なスケールと重厚な読み味。戦争と歴史の真実を伝えるノンフィクション!・・・・・旧満州に生まれ、多感な時代を大陸で過ごした少年が体験した生と死の狭間。そこで見た太平洋戦争と歴史の真実とは──。第一章では十三歳で親元を離れて寄宿舎に入った旅順中学校での日々、第二章では、誕生の地である実験国家満州国について。また第三、四章では、ソ連軍の侵攻、そして棄民となってから一年におよぶ逃避行と引き揚げの物語が描かれ、さらに最終章では“祖国”と戦争という負の遺産について考えた、魂のノンフィクション!

不惜身命

価格:500円
著者名:斎藤久平

昭和14年から召集され、命令一下、銃を手に戦った最前線での戦争体験記・・・・・戦いに身を投じた著者の見た、戦友の死、夥しい遺体から漂う血の臭い、そして祈り哀願しながら命を落とした庶民たち・・・・・・。実体験を通して、理不尽な軍隊と戦争の無益さを明らかにするノンフィクション。

価格:500円
著者名:熊杉至

戦中に国民学校へ入学し卒業した、小学校とは無縁だった人たちによる架空同窓会・・・・・戦争という歴史のいたずらで、小学校に無縁な年代の人達がいた──。彼らの摩訶不思議な同窓会では、学生時代の話・世界の平和や環境問題の話題等が繰り広げられる。また、当時の貴重な資料も併せて収録。

遥かなり豆満江

価格:500円
著者名:三木梅子(編)

家族12人が結束し、明日への希望に向かって38度線を越えた、奇跡と感動の記録・・・・・敗戦後、朝鮮を追われる身となった家族の長が記した、苦難の連続に満ちた避難日記(旧版『石榴の歌』)に、編者である娘が加筆し、新たに紀行文なども加えた。一家の歴史を刻み込んだ感動の記録。

私の満州とシベリヤ生活

価格:500円
著者名:浦川武敏

戦争の苛酷な実体を万感の思いをこめて綴った回想記・・・・・満州農地開発公社入社後訓練を受け中国大陸に渡った。現地で五年間不毛の原野を開拓、そして招集。さらに終戦後シベリヤに送られ4年間の捕虜生活を送ることになるとは、思いもしなかった。

「軍国少年」の遺言

価格:500円
著者名:三井一男

あの熱狂と混乱をどう生きたのか!?21世紀を担う若者達に伝えたい!・・・・・敗戦、その後の混乱期を時代の荒波に呑み込まれながらもチャンスを掴み、努力で夢を実現させた男が、あの戦争の想い出を語る。戦争を知らない子どもたちが、当時の状況を知るために最適かつ貴重な1冊。

華北の散兵

価格:500円
著者名:清水章光

よく眠れ、大陸の黄土を忠烈の真紅に染めた若桜たち・・・・・日中戦争、大東亜戦争を生き残った者として、ともに闘った戦友たち、大陸に散っていった兵士たちを記録。容赦なく繰り返される戦闘のリアルな描写が圧巻。平和を願い、祖国に殉じた英霊に捧げる鎮魂の戦記。

濤声

価格:500円
著者名:白井亀雄

マレー、ミッドウェー、ソロモンの海に沈む、語られざる真実の戦史・・・・・「激闘・死闘」、想像を絶する「死」と隣り合わせの戦時下、通信兵だった著者が遭遇した数々の戦場を、臨場感あふれる筆致で綴った衝撃の歴史証言!支那事変から太平洋戦争終結までを描いた鎮魂の書。

(40件)
<前へ1234