カートを見る
(41件)
<前へ12345

医学・健康・看護・闘病 > 看護・闘病 > 看護・闘病

今言える、ありがとう

価格:500円
著者名:小平みつ子

昭和33年に千葉の農家に嫁いだ著者が、結婚から今日に至る人生と合わせて、難病に侵された夫の介護・闘病の様子を綴った作品。喉、胃、腹部に穴を開け、苦しみに耐える夫を前に、さまざまに揺れ動く妻である著者。その胸中をありのままに記した文章には苦渋が滲み、半世紀にわたって苦楽をともにした夫婦ならではの、煩悶と願い、そして葛藤が直截的に吐露されている。

百合子よ、よう頑張ったね

価格:500円
著者名:松崎行夫

人間ドックで妻の肺に影が見つかってから、8年余りに渡る闘病の記録。著者がつけていた日記をそのままに、淡々と出来事が綴られていく。肺ガンの再発、そして転移性脳腫瘍。脳腫瘍に侵されてからは痴呆も進み、「何もできない」と嘆き葛藤する妻の苦しみ、そっと支える家族の姿に心動かされる。実際に体験したものでなければ分からない視点や気づき、そして患者自身の療養生活への心構え。同じ苦しみを持つ人々のヒントになる一冊。

天祐嬰子 生まれて二日で逝ったわが子へ

価格:500円
著者名:安藤ひろこ

待望の男の子圭祐はこの世に生を享けてたった40時間の命だった。2年半が経ち漸く新生児死という極めて稀な体験を記録に残して、わたしと同じ苦しみをさせないためにと、亡くなるまでとその後の家族の姿を克明に語りかける。あなたは決して孤独じゃない、私も貴女のそばにいると。一日も早く心を癒して生きる希望を見出してと。多くの愛に支えられた感謝をこめて綴った感涙・慟哭の手記。

「三叉神経痛」「脳腫瘍」「大腸がん」との闘い

価格:500円
著者名:金森早恵子

「横綱級」と言われる三叉神経痛の痛みと脳腫瘍の恐怖に耐えて生きる姿に圧倒される・・・・・ガンは許可も得ずに黙って私の大切な人を奪っていった。思わずそう嘆かざるを得なかった著者は、三叉神経痛、脳腫瘍、大腸がんの三重苦と闘っていた。それを支えてくれたのが「百歳まで生きる」と豪語していた夫だった。しかし、その夫は突然末期ガンを宣告され、1年半足らずの闘病で逝ってしまった。病と闘いながら必死に最善の治療法を探し求める著者の記録。

ある脳障害者の記憶

価格:500円
著者名:中野隆二

難病の娘を抱える父親が、自らも病との共生を図る道を探る、闘病の記録・・・・・本人にとって「抑うつ」である行為を、専門医は「うつ状態における飲酒」と診断し「アルコール依存症」と呼ぶ──。難病と闘う娘を励ましつつ、自らも病気を克服しようと立ち上がるまでの日々を赤裸々に綴る。

うつ病と闘って

価格:500円
著者名:大金良夫

なぜ「うつ」になったのか。原因から克服までを赤裸々に綴った6年間の闘病記・・・・・几帳面で責任感の強い男がうつ病に襲われたのはリストラ推進役を果たした直後のこと。中途半端に治療を中断しては職場復帰を繰り返し、ついに自殺未遂を。そこまで追い込んだのはある課長の一言だった──。

ラブリーな子どもたち

価格:500円
著者名:清水かほる

ハンディを持って生まれてきた2人の娘が教えてくれたことを綴るエッセイ&詩集・・・・・感音性高度難聴というハンディを持って生まれてきたゆりちゃんとりりちゃんは、「障がい」の有無にかかわりなく愛するということの意味を教えてくれた──。ママの愛が胸に沁みるエッセイ&ポエム集。

泣かないうさぎ

価格:500円
著者名:桜井真樹子

家族にうつ病患者2人を抱え、崩壊の危機に直面したある一家の苦難と再生・・・・・うつ病と診断されてからの4年間、数々の困難を周囲の協力で乗り切り復活した筆者が、4年間の闘病生活を振り返る。さらに病気の原因とみられる母との関係、夫への感謝を綴った迫真のドキュメント。

蒼い精神空間

価格:500円
著者名:蒼月雫

壊れてしまった心を抱えて彷徨う人へ、出口を見出した著者からのメッセージ!・・・・・思春期に降りかかった、あまりに悲劇的な体験から、PTSD、解離性障害、鬱、不眠症、自律神経失調症など、様々な心と身体の病に冒された著者。心を蝕まれ、闇の中にいるあなたへ贈る、応援エッセイ集。

天国の窓から

価格:500円
著者名:與那嶺美佐子

常に家族や周りの人を気遣う心を持ち続けた夫の闘病生活を、妻が綴った記録・・・・・突然の癌の告知後、わずか2ヵ月後に天国へと旅立った夫・・・・・・。絶望の淵に立たされてもなお、普段どおりにふるまい、誰にもやさしく接する夫の闘病生活を、妻が短歌を交えながら綴った記録。

(41件)
<前へ12345