カートを見る
(5件)
<前へ次へ>

医学・健康・看護・闘病 > 看護・闘病 > 追悼記

千織、天国で幸せにね

価格:500円
著者名:陶山理恵

幸せな家族を突然襲った悪夢、それは生後5日の娘をむしばむ病魔だった・・・・・生後5日目に黄疸症状が表れ医師から先天性の「マルファン症候群」と告げられた千織さん。小さな体で辛い治療に何度も耐え、短い一生を精一杯生きた娘を見守り続けた母の手記。

天国の我が子へ、そして子供たちへ「見てるか、お父さんを」

価格:500円
著者名:大津賢司

2歳5ヶ月でこの世を去った愛児への鎮魂の書・・・・・仕事に忙殺され、息子の変化に気づいてあげられなかった著者は、筆舌に尽くしがたい自責の念を抱く。我が子への鎮魂として、発病から入院、最期の時までを真摯に綴った一冊。

さんきゅ!

価格:500円
著者名:久保恭子

「何故、彩子が…」たった12歳で遠くへ往ってしまった娘・・・・・愛することはできても救うことはできなかった──心の病気とはかくも苦しく、悲しいものなのか──著者は、本書の中で亡くなった愛娘と会話をし続けているのかもしれない。

或る日突然に

価格:500円
著者名:寺部律子

長い人生には「或る日突然に」何が起こるか解らない―・・・・・「美穂、お願い、目を開けてお母さんを見て頂戴」。大学生の長男を亡くし、そして今度は長女・美穂までも・・・。二度の試練に打ち拉がれながらも、立ち直った著者が最愛娘の半生を綴る。

直実

価格:500円
著者名:篠原幹男

ある日突然訪れた永遠の別れ・・・・・・・・不可抗力ともいうべき事故によって21年の生涯を終えた最愛の人へ・・・。残された家族や親友が捧げる追悼文集。

(5件)
<前へ次へ>