カートを見る
(62件)
<前へ1234567

伝記・半生記 > 半生記

サラリーマン西遊記

価格:500円
著者名:堀哲三郎

34年勤めた日本の製薬会社を定年退職してから1年が経った。私は現在、日本からは一番遠い国、ちょうど日本の真裏にあたる南米はアルゼンチンに暮らしている。これまでいろいろな方と話していると、皆さん一様に私の人生ストーリーは面白いと、興味を持って聞いてくださった。よし、それではと、20数年間を海外で過ごしてきた私の半生をここに記す次第である。(本文より抜粋)

こころの目の生い立ち

価格:500円
著者名:安部利一

子どもたちに必要なものはたったひとつ。それは温かなこころ。ベテラン児童相談員が語る、その姿勢の背景。自らのハンデを乗り越えて臨床心理士となるまでの歩み、数々の相談事例などを振り返る。また「わが家は子どもたちの駆け込み寺のようになっていた……」と語るように、“子どもシェルター”を実践する中で出会った様々な子どもたちとの交流を綴る。

今日も明日も「好奇心」

価格:500円
著者名:浅川岩男

尽きることなき「好奇心」こそ、人生を豊かにする! 書、山、カメラ、詩……興味の趣くまま趣味に没頭し、とことん楽しんだ77年間の記録。73歳の時にパーキンソン症候群を発症した後も「好きなことを続けたい」という熱い思いからリハビリに励み、新たに仮名文字を習得、「書くこと」を取り戻した著者。本当に豊かな人生とは何かを教えてくれる一冊。

夢追いかけて七十余年

価格:500円
著者名:西森京子

坂本龍馬脱藩の地である高知県檮原村に生を受け、40年に及ぶ学校教育に情熱を注いだ女性の波瀾に満ちた半生を綴る。また、定年退職後に発症したアルツハイマー性認知症が6年の空白ののちに奇跡的に回復に向かった経緯やその後の治療と自助努力など、治らないとされていた「認知症」を見事に克服した記録でもある。何があってもあきらめず、精一杯努力する人間の原点。

一自衛官の半生

価格:500円
著者名:暗野雲

「小牧基地所在部隊の全隊員約千名の盛大な見送りを受けて、私は航空自衛隊を去った」昭和七年、東京に生まれた虚弱な少年は、長じて航空自衛隊に入隊する。日本各地とその空を股にかけてキャリアを積み、アメリカ留学、そして冷戦時のソ連へ──。一自衛官として職務に励み、時に国の代表として軍事外交に携わり、空将補で定年を迎えた著者が三十一年余の足跡を綴る。

花風の町

価格:500円
著者名:西山美知子

虚言癖のある母親と、血のつながりのないかもしれない父親の元で育てられた「わたし」が、自分の恥部を臆することなく赤裸々に描いた私小説。──叙情的な詩を随所に挿入し、著者の当時の思いも瑞々しく表白してゆく──。ある日のこと、母が唐突にわたしに言った。「お前は、今のお父ちゃんの子じゃあないんだよ。最初の婿に来た男からできたのが、お前なんだよ」。

一理科教師のあしあと

価格:500円
著者名:原秀郎

岡山県玉野市に生を受け、生涯一教師として激動の時代を生き抜いた80年の人生の記録。自伝、教育論、戦争体験記、身辺雑記、投稿、研究レポート、生徒たちへのメッセージ、俳句、川柳からなる、バラエティーに富んだ作品集。単なる個人史ではなく、その当時の社会状況や歴史的背景までも浮かび上がらせながら自らの歩みを綴っているところに特徴がある。

柚子も歩けば

価格:500円
著者名:岩田柚子

貧しさといじめという逆境に負けずに、働きながら定時制高校に通い、大学進学を始め、目標を達成していった著者による青春記。小学生時代、クレヨンが買えなくて「忘れた」を嘘をついたこと、定時制時代に、弁論大会で賞を取ったことなど、懸命に生きる著者の姿は胸を打つ。不登校やいじめなど、辛い思いを抱えている人にとって、その前向きな人生哲学は得るところが多いだろう。

本当の寿命まで生き抜いたら いつか笑って逢えるよね

価格:500円
著者名:田中美幸

心の病で療養中の人やその周囲の人たちへ届けたい、一筋の光のようなエッセイ・・・・・かつて、一気におとずれた試練のなか、心の病にあった美幸の目に見える世界は、いちめん灰色だった。周囲の人たちの温かい愛で、徐々に健康な「心」を取り戻していき、世界はようやく色づいた。その時、初めて人は生きているだけで誰かの支えになっているということも分かった。勇気をもって病に立ち向かった著者による、本当の心と体を手に入れるまでの日々を綴ったマイヒストリー。

馬の背骨

価格:500円
著者名:福沢志乃

激動の昭和から平成の今日までを懸命に生きてきた著者の郷愁溢れる半生記・・・・・冬は雪で埋まってしまい、外に出ても歩けるのは「馬の背骨」と呼ばれる場所だけ。軟らかい雪は風で吹き飛ばされ、踏み固められた雪だけが山の尾根のように残る。都会で就職しても故郷と家族は忘れられない。

(62件)
<前へ1234567