カートを見る
(12件)
<前へ12

童話・絵本・漫画・画集・写真集 > 画集・写真集 > 画集

不思議少女 友記乃の世界

価格:500円
著者名:大久保友記乃

自閉症というハンディキャップを背負いながら、モントリオール国際芸術祭「世界芸術賞」受賞、旭川市「文化奨励賞」を最年少の18歳で受賞、メルボルン日本芸術祭「21世紀日本美術の現実」で「日豪振興芸術賞」受賞……その他多数の芸術賞を受賞。水彩、油彩、スクラッチ、七宝焼、ステンドグラス、和紙染など30作を収載。人とアートの無限の可能性を実感できる、驚嘆と感動の一冊。

新・開運! 仔うさの赤ぱんつ

価格:500円
著者名:伊藤麻里

月(ツキ)を呼ぶという「うさぎ」と、開運・招福の意味があり、その色にもパワーが宿るという「赤ぱんつ」。じゃあ、うさぎが赤ぱんつをはいちゃえば、すっごい効果があるのでは? ──という発想から生まれたキャラクターが活躍する「開運!仔うさの赤ぱんつ」ポストカードブックの第2弾が登場!! 一人で楽しんだり、あの人へのプレゼントにしたり……。楽しく自由に使ってね☆

元氣

価格:500円
著者名:徳永統子

言葉とイラストで元気をもらえる、心あったか詩画集・・・・・ちょっと壁にぶち当たった時、なかなか思うように行かないとき、こんなメッセージとイラストをもらえたら、元気が出てしまいそうな一冊。幼いときから海や山に親しみ、自然人として生きてきた著者だからこそ表現できる、癒しの言葉集。数々の人生の波のなかから見つけた前向きに生きる言葉と、大胆かつ繊細なイラストが満載。大切なのは、「今在ること」であるというメッセージが聞こえる。

ボクとネコとパソコンと

価格:500円
著者名:甲斐正家(絵)/甲斐喜代子(文)

失意の底でパソコンと出会い、そのパソコンでネコを描いた素敵な画文集・・・・・“ボク”はパソコンで、“ボク”の大切なものを描きたいと思った。一方、夢みるユメ子さんに憧れていた著者は“ボク”のつぶやきを書き綴った──。イラストとエッセイが奏でる素敵なハーモニー!

目で味る楽画集

価格:500円
著者名:伊藤公夫

絵を描くことで慰められた日々──。目で香りや食感、手触りまで味わえる画集・・・・・伴侶を亡くし孤独感に苛まれる日々、ふと思い出したのは「子供の頃絵を画くのが好きだった」こと──。果物や花などにはそれぞれに表情があり、味わいがある。その表情と姿を丹念に描く。50余点を精選し収録。

野の花を見つめて

価格:500円
著者名:柴崎啓次郎

丹念な野の花スケッチに、日々の出来事や時勢が書かれたほのぼのとした画文集・・・・・野の花を見つめ、描き続けて20年。地域の「文化のつどい作品展」で好評を博した400枚の絵の中から選んだ50枚の花の絵と、折々の心を綴った画文集。(著者名が一部新字体の表記になっております)

魚拓です

価格:500円
著者名:川政依竿

美しいカラー魚拓と俳句がかもし出す世界。瑞々しい感性が光る作品集・・・・・ケースワーカーとして勤務するかたわら俳句を詠み、カラー魚拓アーチストとして活躍する著者が、人生という旅路でのさまざまな想いを、美しいカラー魚拓と俳句で表現したアートフルな作品集!

平成のウタマロウ 声色

価格:500円
著者名:山本彌生

歌はいつも身近にあった──ある歌い手にイメージを感化された詞画集・・・・・ひとつひとつの言葉が持つ音色を感じとり、空気を声の絵筆で染めてゆく──ある歌い手の美声にイメージを感化され、その歌の世界をビジュアル化した詞画集。

乞巧奠《素描画集》/2002

価格:500円
著者名:乞巧奠

白い紙に墨滴をぶつけることで生み出した百余点の素描画集・・・・・その偶然が生み出した画の一つひとつが、まさしく“神と悪魔の意思”であるかのように迫りくる。作品ごとのユニークなタイトルづけが、興味深い1冊。

花のアルカディア

価格:500円
著者名:土屋匡子

カオスと生命力溢れる異空間へあなたを誘う幻想的コラージュ・アートの世界・・・・・ひとひらひとひら世界の創造を担うものたち・・・空を広がせ山を重ねて海を横たえそこに鮮やかに花が咲く。暗闇の中に生まれた水の惑星に咲く花ー。耳を済ませば花のうたが聞こえる。

(12件)
<前へ12