カートを見る
(11件)
<前へ12

童話・絵本・漫画・画集・写真集 > 画集・写真集 > 写真集

ハクチョウ 子育て記 MUTE SWAN

価格:500円
著者名:八木力

コブハクチョウは、嘴の付け根に黒いコブのあるのが特徴で、本来はヨーロッパに生息している。日本に冬鳥として飛来するハクチョウと違い、やかましく鳴き交わすことのない、おとなしい種で、大規模な渡りをしない。著者は、ヒナが丈夫に育つように、日に2回、2kgのシロツメクサやイネ科の若芽を与え、撮影を続けた。親鳥の逞しさ、厳しい子別れの時など、よくぞ撮れたという写真を満載。

永遠の麗人

価格:500円
著者名:山咲真由美

「自分が奉仕されるケースが好ましく、男性が女性に奉仕するパターンが好き、ということになると、私が男性のままである限り、両方を同時に実現することはできません。両方を同時に実現するためには、私が女性になって男性に奉仕させる以外にありません。ここに、私が女装して女性にならなければならない必然性があったのです」(「あとがき」より)。女装界のカリスマの集大成となる写真集。

拝啓、狛犬様

価格:500円
著者名:鈴木利雄

逞しき神々の守護獣、庶民信仰の証言者たち。狛犬という造形物をありのまま見つめ、その表情に浮かぶ微妙な陰影によって独自の個性が際立ち、バラエティーに富んだ表情、スタイルが迫ってくる。獅子を知らない日本人が創造した狛犬に江戸っ子の意地と見栄が垣間見える。長きにわたり東京に残る「狛犬」を訪ね歩きまとめ上げた、身近なアートの楽しさが伝わる写真集。

カメラを通して見たスリランカ

価格:500円
著者名:為我井輝忠

紅茶と宝石の国・スリランカの素顔を78点の写真で紹介。1990年に初めてスリランカに渡航以来、毎年のように訪れ、撮影し続けてきた膨大な写真の中から精選。臨場感溢れるスリランカの実像をリアルに描き出している。本書は「スリランカってどんな国?」で始まり、スリランカの「民族」「自然」「ゾウ」「食べ物」「宗教」「労働」「街並み」「結婚式」「祭り」の写真で構成。

さようなら、僕の愛した列車たち

価格:500円
著者名:著:神野誠一/編:神野裕子

名鉄・岐阜600V線区を中心に編んだ、昭和の息づかいが優しく蘇る懐かしの列車写真集・・・・・時を超えて心に生き続ける美しい日本の鉄道――名古屋鉄道・岐阜600V線区(2005年にすべて廃線)を中心に、1970年代から30年以上にわたって撮りためた膨大な銀塩写真の中から厳選した写真集。引退した車輌も多く見られる。幼少時より列車を愛し、地元の名古屋鉄道の路線をはじめ全国各地に赴いた著者(故人)は撮影機材としてコンパクトなフィルムカメラを愛用した。

観月台そぞろ歩き

価格:500円
著者名:村上昭男

ライフワークとして撮り続けた景色。福島県「観月台公園」の春夏秋冬の風趣・・・・・福島県伊達郡国見町藤田を愛する著者。水辺でくつろぐ鴨などの鳥や、静かに泳ぐ鯉、景色に四季の彩りを添える花々が水面に映る景色など、季節の変化が親しみと愛情を込めた目線でフレームに収まっている。

窓辺の花想い

価格:500円
著者名:福田睦子

花は自らの儚い生に何の疑問も持たない。美しく咲き誇り、そして枯れてゆく・・・・・いのち煌めく時の流れのその一瞬を、言葉で、筆で、あるいはレンズ越しに、高度に洗練されたセンスで切り取る。著者のやさしい視線は、あらゆるものへの『愛』に満ちている。

遠い汽笛

価格:500円
著者名:鈴木一雄

勤続25年の現役鉄道員が撮り続けた古き良き時代を駆け抜けたSLたちの風景・・・・・人は、なぜ、汽車にセンチメンタリズムを投影するのか? 勤続25年の現役鉄道員が撮り続けた、古きよき時代のSLたちの雄姿。回顧、望郷、そして空想・・・・・・さまざまな想いが湧き出る1冊。

この世の旅人たち

価格:500円
著者名:末吉明子

希望を見失いかけたこの世の旅人たちの、魂の叫びをここに具現す・・・・・光の先、揺らぎの先にあるもの。見失いかけた何かの先にあるものを、著者は追い求める。著者が日常生活のなかで撮影した美しい写真に詩をつけた、心に残る写真詩集。この世の先に楽園はあるのだろうか…。

ねこの大ちゃん

価格:500円
著者名:諸岡恭子

ネコ好き集まれ!目じり下がります・・・・・子供にせがまれるままに飼い始めたネコ夫婦に赤ちゃんが!ベイビーたちの成長とネコ一家の姿におもわずニッコリの写真集。

(11件)
<前へ12