カートを見る
(77件)
<前へ12345678

詩集・俳句・短歌

生涯青春

価格:500円
著者名:千葉大輔

恥かいたって、自らを嘲り笑おうとも、熱く、思いをぶつける手書き青春詩集・・・・・「かっこ悪くてもいいじゃないか」、「青春を終わらせるのは自分だ」等、力強い文字で書かれたシンプルな言葉が強く訴えてくる。自分が思った通りに命を燃やしてみようという前向きな力強さが心に響く。

一主婦の祝婚歌

価格:500円
著者名:上村久美子

ともに結核を病んだ身で結ばれた夫と妻。生命のきらめきが胸をうつ短歌集・・・・・病弱の身ながら主婦として、子の母として、また妻として70余年の生涯を生き抜き、その日々を短歌に詠み続けた妻。40余年を共に生きた夫の手により、遺された作品の中から七百余首を選び編み上げた1冊。

2分で読めるとても短い物語4

価格:500円
著者名:M. FUMENO

短歌のリズムで人生を詠う、1話読み切りのショートストーリー集、第4弾・・・・・「なあミユキおれたちは何でこの世にさ/生まれてきたんだろエエ何急に/どうしたのいつものマモルらしくない/エエ最近さふとそんなこと・・・・・・」(本文「<物語489>プログラムあり」より)。さまざまな人生模様を、短歌16首で1話に構成した「想像力&ヒラメキ文学」シリーズ第4弾。生まれてきた意味を問う青年や、母との出会いを語る父など、ちょっと切なくほのぼのとしたドラマが、短歌のリズムで描かれる。1ページ1話で読み切りの、その読みやすさにも引き込まれて浸ってしまう、不思議な魅力に満ちた「想像力を養い、ヒラメキ

キャベツの樹1

価格:500円
著者名:たかさかよしのり

あなたにもきっと見つけられるはず・・・・・・。不思議な存在を描いたメッセージ集・・・・・どこにあるのかわからない、けれど確かに存在する。「キャベツの樹」の下には、たくさんの夢の種がある。それは安らぎの場であり、希望に満ちた出発点でもある。そんな不思議な“存在”を描いた散文詩集。

きみが主役だ

価格:500円
著者名:服部たづこ

もう遅いってことはない。心の専門家が語りかけるように元気をくれる詩集・・・・・失敗して当たりまえ、人間がやることだもの。失敗からが始まりだよ、体験することで本当のことがわかるんだよ──。臨床心理学を学び、長年にわたって心の相談に携わってきた著者がおくる、力と勇気の出る本。

詩句集 微笑みの詩

価格:500円
著者名:伊藤信次

老いを迎えた夫婦の、旅や日々の暮らしを楽しむ黄金色の晩年をつづった詩句集・・・・・詩句を通して語られる、どこの家でもありそうな日常のワンシーンや、旅を楽しむ夫婦の旅の風景──。人生の収穫期、黄金の秋(とき)を楽しむ夫婦の姿が、明るく、ほのぼのとした気分にさせてくれる詩句集。

価格:500円
著者名:佐藤ひとみ

日常生活の中で感じる孤独感や焦燥感を、穏やかな言葉で癒してくれる詩集・・・・・扉を開けたら、私だけを待っている友達がいた。──心の中のもうひとりの自分に気付かせてくれる優しい言葉たちが、あなたの心に寄り添って、そっと癒してくれる、やさしいメッセージ集。

「想う」から生まれる距離

価格:500円
著者名:根本はる

目に見えない重りを外した自由な言葉達。若き感性が生んだ表現力豊かな詩集!・・・・・目に見えない重りを外した言葉達は、自由を手にして空間に広がり、赤裸々な“想い”を運んでゆく。独創的なフレーズの源となっているのは、研ぎ澄まされた感性と、貪欲なまでの言葉に対する探究心。

心の音に寄り添ひて

価格:500円
著者名:岩崎芳子

常に死と向き合う苦難の人生。自らの足跡を滋味豊かに刻印した短歌集・・・・・「運命をのろい嘆けど開花せず 受け止めてこそ開く花あり」・・・・・・。死を身近に感じつつ過ごしてきた苦難に満ちた半生を、歌作りの悦びで乗り越えてきた著者。(著者名が一部新字体の表記になっております)

もこもこ雲

価格:500円
著者名:中西吾郎

少年時代の純粋な気持ちをいつまでも!優しくて温かい、ハートフルな詩集・・・・・子供の頃に思い描いた未来への夢・・・・・・。切なくて儚い初恋の記憶・・・・・・。ここではないどこかへ行きたいと強く願った一人旅・・・・・・。少年が恋を知り、大人になっていく姿を、素直な言葉で綴った1冊。

(77件)
<前へ12345678