カートを見る
(7件)
<前へ次へ>

詩集・俳句・短歌 > 俳句・短歌 > 短歌

一主婦の祝婚歌

価格:500円
著者名:上村久美子

ともに結核を病んだ身で結ばれた夫と妻。生命のきらめきが胸をうつ短歌集・・・・・病弱の身ながら主婦として、子の母として、また妻として70余年の生涯を生き抜き、その日々を短歌に詠み続けた妻。40余年を共に生きた夫の手により、遺された作品の中から七百余首を選び編み上げた1冊。

2分で読めるとても短い物語4

価格:500円
著者名:M. FUMENO

短歌のリズムで人生を詠う、1話読み切りのショートストーリー集、第4弾・・・・・「なあミユキおれたちは何でこの世にさ/生まれてきたんだろエエ何急に/どうしたのいつものマモルらしくない/エエ最近さふとそんなこと・・・・・・」(本文「<物語489>プログラムあり」より)。さまざまな人生模様を、短歌16首で1話に構成した「想像力&ヒラメキ文学」シリーズ第4弾。生まれてきた意味を問う青年や、母との出会いを語る父など、ちょっと切なくほのぼのとしたドラマが、短歌のリズムで描かれる。1ページ1話で読み切りの、その読みやすさにも引き込まれて浸ってしまう、不思議な魅力に満ちた「想像力を養い、ヒラメキ

心の音に寄り添ひて

価格:500円
著者名:岩崎芳子

常に死と向き合う苦難の人生。自らの足跡を滋味豊かに刻印した短歌集・・・・・「運命をのろい嘆けど開花せず 受け止めてこそ開く花あり」・・・・・・。死を身近に感じつつ過ごしてきた苦難に満ちた半生を、歌作りの悦びで乗り越えてきた著者。(著者名が一部新字体の表記になっております)

花径

価格:500円
著者名:渡邊久枝

日ごとに深まる心の空洞を、三十一文字に託して・・・・・愛娘の死の哀しみを乗り越えて、妻として、母として、祖母として懸命に生を駆け抜けた一女性の心の軌跡。亡き人の面影を抱きながら詠まれた歌が読者の胸を打つ遺作短歌集。

午後の道

価格:500円
著者名:西沢賢造

静かなれど、深く心に響く短歌集・・・・・人の心情と自然の情景をシンクロさせ、穏やかに綴られた言葉達。目に映るものを素直に表現した短歌、358首。

平成梵鐘

価格:100円
著者名:大畠大作

31文字で熱く吠える古希パワー・・・・・70歳を過ぎ、友や家族との交流、世界のニュース、晩年を迎えることについて195篇の短歌で表現する。

記録

価格:500円
著者名:石川和雄

元JR運転士が乗務報告書に書きとどめた短歌集・・・・・労務労働中に見た羽越本線沿線の四季の風景や変化の一瞬を263首の短歌でまとめあげた一冊。

(7件)
<前へ次へ>